菅田将暉、映画「火花」で先輩芸人にタメ口!?

映画「火花」が11月23日にいよいよ全国公開となる。

なんといっても、桐谷健太、菅田将暉のダブル主演!

菅田将暉の芸人役が漫才のプロから大絶賛!!


スポンサーリンク


菅田将暉が20歳年上の川谷修士にタメ口?

映画 火花 試写会
引用:Sponidhi Annex

ピースの又吉直樹が芥川賞を受賞した作品「火花」が映画化!

「火花」の完成披露試写会が11月8日に東京国際フォーラムで行われ、桐谷健太、菅田将暉、木村文乃ら6人が登場。

菅田将暉は泣かず飛ばずの若手芸人の徳永役。

徳永は型破りな漫才役を披露する先輩役の神谷(桐谷健太)に弟子入りするという内容。

菅田将暉の漫才コンビ「スパークス」の相手役が本物のお笑い芸人である二丁拳銃の川谷修士。

川谷は、菅田が生まれた年にデビューして芸人歴は20年だ!

この20年先輩の川谷に撮影中は敬語を使わずタメ口だったらしい。

菅田が言うには

「修士さんから『敬語やめよう』と言っていただいた後、6時間ぐらい一緒に飲んだんです。そこで修士さんに対して、なんて愛おしい人なんだと感じ、そこからは敬語をやめたんです」と役作りへのアプローチ方法を語っていた。

役作りの為だっていうことがこのコメントで分かりました。

スポンサーリンク


板尾監督は菅田の演技を大絶賛!!

菅田将暉 川谷修士
引用:YAHOOニュース

お笑い芸人、監督、俳優でもある板尾創路監督は

「菅田将暉が生まれた年に川谷はデビューしているんです。20歳年が違うのに、同級生のコンビに見える。それは菅田くんが修士に対して上からいっているから。そこが彼の俳優として素晴らしいところ」

大絶賛している。

タメ口の効果!?

相手役の川谷も「菅田君の立ち居振る舞いがホンマのコンビみたいで、元のコンビに戻りたくない!」とコメント。

映画を見たら分かると言う川谷は「この映画は僕が一番得しています」と本音を言えば、菅田がすかさず「面白い!」と合いの手を入れて会場を笑わせています。

そして、菅田が映画の印象に残っているシーンを語っています。

「クライマックスの漫才のシーンで見せる修士さんの、感情があるのかないのかわらからない切なさと本気の顔は忘れられない。長年漫才をやってきたからこその人の顔でした。墓場まで持っていきたい」

と川谷を褒めることも忘れていないようです。

桐谷も本気で漫才の練習をこなす!

桐谷健太 三浦誠己
引用:産経ニュース

神谷役の桐谷健太とのコンビ「あほんだら」の相方も、元お笑い芸人三浦誠己。

三浦は、桐谷が代々木公園やカラオケボックスで練習することに「練習、やりすぎです」と、あきれていたよう。

それにも増して、お客さんがはけた後のヨシモトのホールでネタを披露するなど反応を試していたらしい。

お笑いというのは、受けない事にはしょうがないと思われます。

ここまでやらないと面白いのかどうか気になるところ

監督もこの映画のオファーがあった当時は

「これは芸人以外の、漫才の経験がない人には撮って欲しくない。撮らせたくないという気持ち」

お笑い芸人の気持ちは、お笑い芸人でなくては分からない事なんでしょう!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする