藤井聡太四段やりました!28連勝!!天才中学生

21日に「王将戦予選」で6月2日(棋王戦予選)に苦戦したあの澤田真吾六段と対戦しました。

な、なんとまた勝利してしまったのです!

連勝記録1位の28連勝に並んでしまいました。

もうこうなったら、天才!!としかいいようがないです。


スポンサーリンク


後半に強い天才!

藤井聡太四段
引用:日本将棋連盟

藤井四段が言うには「攻められる展開となりましたけど、なんとかしのいで反撃の形になって良かった。」

苦戦だったけど99手で勝利!

同じ対戦相手で、2度までもの勝利となりました。

テレビ報道を見ていると、「棋王戦」の時とは「」が違うらしいです。

なぜ違う「手」で臨んだのか?

師匠の杉本七段が言うには(テレビ報道)

以前対戦した時と同じ状態になった場合、2度の勝利はないだろうということでした。

藤井四段は読みが鋭いですね

母が見る聡太少年

ごく普通の子だったみたいですけど、集中しだすと止まらない子だそうです

3才頃から、新聞の折込チラシの裏に自分で迷路を書いて遊んでいたらしい。

テレビで放送していたのですが、そのチラシの裏を見てビックリ!

それがすごい迷路だったんです。

これを3才の子が書いたの?って感じでした。

ほかに、ビー玉が通る立体スイス製パズル。

スイスパズル
引用:さきどりちゃんねる

時間を忘れて遊んでいたらしい、この時も3才

そんな中、将棋との出会いは5才だったらしいです。

祖父母から手ほどきを受けて、すぐに祖父を負かしてしまったそうです。

いよいよ将棋の世界へ突入!

藤井四段
引用:withnews

将棋を覚え、将棋教室へ通い始める。

ここでも集中力発揮です。

分厚い将棋の本を1年で丸暗記してしまったらしい

これが5才くらいの時

う~ん、信じられないですよね。

5才で丸暗記できるんですね~。

小学1年の終わりにはアマ初段。

3年生で「全国小学生倉敷王将戦」低学年の部で優勝してしまいました。

小学2年の時、谷川九段から受けた指導対局で負けたときは、盤をかかえて泣きじゃくったらしい。

相手はプロ碁士、小学2年がプロに負けて悔しがるなんて信じがたいですよね。

持ち前の負けず嫌いが、上達を早めがあるのでしょう!

スポンサーリンク


詰将棋

相手の「王将」を詰ませる手順を一人で考える「詰将棋」

タイトルを持つ碁士も参加するという「詰将棋解答選手権」

この選手権に小学6年の時、史上最年少で初優勝!

プロでも解けない難問をすごい速さでスラスラと全問正解!

聡太少年の頭の構造はどのようになっているのか、のぞいてみたいですね。

日常では常に「詰将棋」の問題を頭の中で解いていたみたいです

幼くして頭の中は将棋でいっぱいなのが分かります。

また、暗記力のいい聡太少年は愛知県の自宅から大阪の将棋会館までの時刻表を完全に覚えてしまったらしいですよ。

これが小学生の時ですね。

少年らしからぬ大人びた古風な言葉の意味は?

藤井四段11連勝
引用:日本将棋連盟

4月に公式戦11連勝の新記録を樹立した時の言葉は「自分の実力からすると望外の結果」

望外の意味は、「望んでいた以上に結構なこと」

6月2日に澤田六段と対戦し、公式戦20連勝を達成した時の言葉は「自分の実力からすると僥倖としか言いようがない」

僥倖(ぎょうこう)の意味とは、「思いがけない幸せ」だそうです。

こんな難しい言葉よくスラスラと出てくるものですね。

これらも注目の的だったみたいですね。

プロへの道

加藤一二三九段 藤井四段
引用:JIJI.COM

小学4年生で、将棋のプロ養成所の「奨励会」へ入会。

その後、杉本昌隆七段に弟子入りして、たった4年プロになってしまいました。

異例の速さだと言われているそうです。

プロになる前は3段にもかかわらず相当強かったらしい。

プロ碁士の先輩たちが舌を巻くほどだったみたいです。。

プロ碁士たちが認める藤井四段は幼い頃から天才だったということが分かりますね。

6月26日から始まる「竜王戦決勝トーナメント」一回戦は同じ十代と対戦します。

この次は単独29連勝が達成できるのか非常に楽しみですね!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする