山尾議員の政策顧問倉持氏の元妻が山尾議員に「最後通告」慰謝料請求の訴え!?

山尾志桜里衆院議員(43)と倉持麟太郎弁護士(35)の不倫騒動はまだ続いているようだ。

倉持弁護士の元妻が文春に記事を掲載したことによって騒動がまた勃発している。

圧力ともとれる通知書が元妻の手元に届き、元妻が山尾氏に最後通告を!

スポンサーリンク


元妻が山尾氏に慰謝料請求!?

山尾議員 倉持氏
引用:tak-going

山尾議員の倉持弁護士との不倫疑惑がいよいよ佳境に入った模様!!

倉持氏の元妻が12日までに山尾氏の謝罪がなければ慰謝料請求の訴えを起こすと山尾氏に「最後通告」を出した。

文書で通知している。

今までの経緯をみると

山尾氏と倉持氏は昨年9月、「週刊文春」に倉持氏の自宅や高級ホテルで密会している様子を報じられ、11月に倉持氏とA子さんは離婚した。A子さんは同誌に「(山尾氏は)夫婦の寝室にまで上がり込んだ」と明かすと、倉持氏から「プライバシーを侵害された」などと文書で通知され、2歳になる長男との「面会禁止」を一方的に言い渡されていた。

引用:zakzakby夕刊フジ

3月30日、倉持弁護士は元妻に冷酷な文書を通知していた。

倉持弁護士 通知書
引用:文春オンライン

通知書はA4用紙3枚に至った。

内容を把握すると

〈第三者への口外禁止を書面にて確約していただくことが必要です〉、〈(確約がなければ長男との)面会交流を見合わせざるを得ません〉

引用:文春オンライン

何という事でしょう!これでは脅迫文と思われても仕方ないですね。

元妻は

「手記発表後、倉持に面会を拒否され、2週間も子供に会えていません。今回の文書は、まるで子供を人質に取り、脅すような内容でした。私がメディアの取材に応じたことを理由に、長男への面会を拒否するなんて許されるのでしょうか。また山尾さんは子を持つ親として、私の気持ちが分からないのでしょうか」

引用:文春オンライン

このような経緯があり、元妻も離婚された上に子供まで奪われて黙っていられませんよね!

スポンサーリンク


こんな政治家で良いのか!?

山尾議員
引用:yamaoshiori.jp

代理人を務めるフラクタル法律事務所の田村勇人弁護士は倉持氏にも

「準備ができれば今週中に面会交流の調停を申し立てる予定」と話す。

引用:zakzakby夕刊フジ

と二人の形勢が追い詰められていっている!

山尾氏は訴えられたら、また大騒動になりそうな気配…?

こんな問題を抱え、昨年の衆院選で当選していることが不思議でならない。

当選すると、何事もなかったように倉持氏を政策顧問に起用している。

そして正当化するような言動をたびたびコメントしているのだ!

もちろん、元妻には謝罪や釈明はいっさいなかったらしい。

こんな事もあったのだ。

不倫をし議員辞職をしている宮崎健介氏にに対して、その当時は不倫を凄く批判していた張本人だった。

自分の立場になったら不倫疑惑を正当化するなんて…なんとずるい女性!

今月の3日発売の「週刊SPA!」にものうのうと二人で登場している。

田村氏によると「A子さんはひどく傷つき、とても何が書かれているのか確認するような状態にはない」と言っている。

更に、4日の衆院法務委員会での山尾氏の質問は「被虐待児童への負担の少ない面接手法」

この件に対して「あなたみたいな大人によって、虐待児童が存在するんです」と本人のツイッターにこんな批判が寄せられている。

ここまできたら、山尾氏は何を言ってもダメでしょ!

12日に謝罪があるのか!見ものですね!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。