みやぞんが語った出来事で中山秀征が「そんな事ある!?」と驚愕!

今、話題沸騰中のANZEN漫才のみやぞんが13日放送の「ウチくる!?」で信じられない事を告白しました。

「ウチくる!?」でみやぞんを地元の足立区に迎えた中山秀征と中川翔子がその告白に仰天!?

スポンサーリンク


みやぞんが中学生の時に体験した出来事とは?

みやぞん
引用:KYUN KYUN

みやぞんは中学生の時、テニス部に所属していました。

テニスでは足立区で2位で、実力のあるコーチも負かしてしまう程の実力者だったらしい。

その試合の直後になぜか足のつま先が逆を向いたと言う。

そこで、中山が一言「そんな事ある!?

本当に「そんな事あったの!?」って聞きたいですよね。

どのようにしてそうなるのか?、不思議現象ですね。

接骨院で電気をすぐにあてたけど、「無理だね」という診断結果!

足の先が左右逆を向いてしまった診断は「複雑骨折」と言う事らしい。

そしてまた笑い話が…

治療のために「つま先上でそこに寝て下さい」と言われたが、つま先が左右逆を向いている状態だったので、どっち向きに寝ればいいかわからずに「どっちのつま先のことですか?正常な方ですか?」と戸惑ったという。

その時は大変だっただろうけど、出演者たちは大笑い。

こんなとんでもないエピソードも、みやぞんが話せばお笑いとなってしまうらしい。

みやぞんは、ギターの弾き語りも得意ですよね。

複雑骨折で歩けない時に独学で習得したと言う。

驚きの経歴が明らかに!?

みやぞん
引用:AbemaTIMES

「リアル人生すごろく」という番組で、みやぞんは、なんと!

「常笑(じょうしょう)気流歌劇団」に所属し、ミュージカルの主役を務めたという。

この劇団員はみやぞんと女性一人以外は全員子供でした。

知り合いだった座長の一言が何とも可笑しい!

「お前だったら、子どもとあんまり変わらないから入ってみろ」

確かに!(笑)そして入団したみたい。

初舞台の主役は、「大地の精」の役で「お前たち人間がこの世を滅ぼす~大地は許さない!」といった台詞をミュージカル口調で熱唱していたそう。

みやぞんは歌も結構上手だものね!!

現在31歳、こんな事もやっていたのですね。

いろいろな番組に出演し、エピソードがどんどん飛び出しますねぇ。

スポンサーリンク


みやぞんの身体能力は凄い!!

みやぞん 脳
引用:You Tube

日本テレビの「イッテQ」と言う番組では「世界の果てまでイッタっきり」という企画で技を習得するまでは日本に帰れない過酷な練習をして成功してきたみやぞん

13日の「イッタっきりin台湾」で今回は難易度の高いコマ回しに挑戦しました。

コマ回しが出来るようになるまでは普通1年はかかるそうなんです。

みやぞんは1週間ぐらいで成功しちゃいました。

コマ回しの練習の合間にはもう一つ、雑技団の輪くぐりも出来てしまったのです。

この身体能力は只者ではありませんね!

「林修の今でしょ!講座」と言う番組で、みやぞんの身体能力を科学的に調査した時に専門家を驚愕させる結果がでたそうです。

数々の結果がこちらです。

1度聴いた曲を、楽譜を見ずにピアノ演奏できてしまう。

その場で実際にみやぞんが初めて聴いた曲を弾かせたら弾いてしまったから専門家の先生も驚愕!

普通はあり得ない事だと思いますよね。

ギターも即効で出来るので、ピアノも同じなんですかね!

聴覚能力も優れており、雑踏空間でも自分に必要な情報を聞き取ることができる「カクテルパーティー効果」が高いと分析された。

聴覚能力って普通の指揮者が持っている能力らしい。

この能力を持っているから即効でなんでも出来てしまうことが分かったような気がしますね。

空間認知能力を調べると、視認せずに後ろ歩きで8の字を完成させたほか、反射能力では体感速度200キロともいわれる卓球スマッシュを10球中9球も避けてみせる。

一般の男性にも同じ実験をしたら、2球しか避けられなかったみたい、みやぞんの反射能力半端じゃないですね!

だから「イッテQ」の数々の技を習得してしまうんですね!

脳のMRIで分析したら、この空間認知能力、反射能力の二つの能力が非常に発達しているらしいです。

状況に応じて判断行動ができてしまうという素晴らしい結果が出たようです。

このような結果に脳画像のスペシャリストの医師が「一流アスリートの素質が脳に備わっている」と述べていたと言う。

みやぞんはただの天然ではなかったんですね。

科学が証明しているのだから!!

これからも「イッテQ」の番組でどんな身体能力が見られるか楽しみになりましたよね♪

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする