任天堂switch 詐欺被害者少年に名も知らぬ人がプレゼントしたワケ?

「任天堂switch」が現在品薄の為、ネット上で詐欺が横行しているのです。

そんな中、その詐欺にあって嘆いている少年に朗報が舞い込んできたんです。

業界の関係者が「任天堂switch」をプレゼントしてくれたみたいですよ!

どんな経緯でこの少年は、幸運を掴んだのでしょうか!?

スポンサーリンク


詐欺にあった被害者少年の嘆き!

任天堂switch
引用:ENDIA

被害少年は、ツイッターで

「誰か助けてください。 だめだホントに逃げられた、Switch売ってくれるって言って簡単に乗ってしまった。死にたい、どうしよう」

このような言葉をツイートし、訴えたのです。

これを見て、あるゲーム会社の取締役の男性Mが、新品の「任天堂switch」をプレゼントしてくれたということです。

被害にあった人は大勢いるらしいのに、なぜこの少年だったのでしょうか?

これには、泣けるような内容があったのです。

この少年は親から貰う月の小遣い3000円を貯め、11か月かけてスイッチの購入代金を用意したという。また、詐欺被害に遭ったことを報告する前に投稿したツイートでは、近隣の家電量販店5件を自転車で回ったが「(スイッチは)どこにもない」とも漏らしていた。

こんなに思いを込めて、代金31,000円の任天堂switchを購入したのに詐欺にあってしまうなんて。

ひっしに貯めた小遣いを取られ、こんな嘆きのツイートをしたので、ネット上で批判を受けて晒し物にされていた少年でした。

スポンサーリンク


詐欺の手口

ツイッターには被害報告が複数乗せられていました。

任天堂switch 詐欺
引用:SairiMedia

その手口は、共通しているみたいです。

購入希望者にプリペイド式の電子マネーで代金を「先払い」させ、商品を送らずに金銭だけをだまし取るという流れだ。

このような詐欺がまかり通るということは、「switch」の品薄が要因となっているんです。

switchを求める人たちは「switch難民」と呼ばれているそうです。

ネットオークションでも、定価税別で¥29,980円のところ、4万円以上になっているみたいですよ。

この値上がりは、オークションで購入者がどんどん単価をつりあげて、最終的に高額になった人がゲットできるということで、値段があって無いようなものですね!

こんな事なので、お金の無い少年や少女は購入したくてもできない現状にあるのです。

家電量販店に行っても売ってないらしい。

商品が入る時は、家電量販店で抽選ということです。

これじゃあ、ネットで「安く売りますよ」と言われたらつい手が出てしまいますよね!

それが詐欺の手口というものなんです。

買えない少年が嘆くわけですよねぇ。

プレゼントの訳

嘆き悲しんでツイートしていた少年に同情して、ゲーム会社のMさんが救いの手を差しのべたのです。

Mさんはなぜこんな気持ちになったのでしょうか。

少年の投稿を見て、次のように少年にDMを送ったようです。

「投稿を見て、何かできることは無いかなぁと考えた時、私に出来るのは今後ゲーム業界を支えていく子供達にゲームを少しでも遊んでもらう事だと思いました。なので、私からの少ない気持ちですが、スイッチを無料で贈らせて頂きたいと思います」

そして、少年の元には新品の「任天堂switch」が届いたそうです。

任天堂switch
引用:価格.com

少年は、Mさんから送られてきた「任天堂switch」の写真を撮影して投稿し、感謝の気持ちを沢山述べていたようです。

Mさんは、過去には同じようなゲーム機の詐欺にあっていました。

やはり、代金を先に支払って、商品が送られてこなかったのです。

その時に友人から、ゲーム機をプレゼントしてもらった経緯があり、その時の喜びが蘇って今度の行動になったそうです。

やはり、このような過去があり、その時の喜びと言うものは、忘れられなかったのでしょうね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする