シミ、シワの原因などお肌の構造を知って得をする!

夏に向けて、紫外線が気になるところですね。

シミなどは、ピチピチの若い女性は「無縁だわ」と思っている方がほとんどでしょう。

これからお知らせする原因などを知っていただくとビックリ!ですよ。

スポンサーリンク


お肌の構造を知る

表皮の構造
引用:スキンケア大学

「セラミド」の保湿機能の発見者であり、お肌のスペシャリストである、医学博士の芋川玄爾先生による監修、お肌の構造やシミが出来る原因、シミが発生するメカニズムなどがある事についての詳しいお話をまとめてみました。

難しい内容かな?と思わないでください。

お肌の構造を知ることによって、美容化粧品、飲み薬などを選ぶ良いキッカケとなると思われます。

酵素、アミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸など、よく耳にしますね。

一つ一つの内容って知っています?

ただ、酵素だ!アミノ酸だ!と歌い文句につられ、購入していませんか?

これらは、表皮の構造にとても意味があることが分かりました。

表皮の下には階層があり…お肌の構造になっています。

メラニンとかメラノサイトとかよく聞きませんか?

決して難しいことではないので、覚えていきましょう!

構造

表皮は「角層」→「顆粒層」→「有棘層」→「基底層」の4つの層から形成されています。

「基底層」が一番下の層になります。

表皮の部位として厚さ約0.2mmの薄い膜です。

表皮の下には、「基底層」の下に、真皮というものが存在し、表皮に比べて約10倍の2mmほどの厚さがある組織です。

この組織が頭に入りましたか?この構造を覚えれば大丈夫です。

角層(紫外線などで低下する層)

表皮の一番上の層です。

約0.02mmと非常に薄い膜なのですが、 お肌を乾燥から守る重要な水分保持機能と、外からの刺激物質の侵入を防ぐバリア機能を持っています。

この角層の機能が過度の洗浄や紫外線・さらには加齢などによって低下し、乾燥してバリア機能が正常に働いていない状態が「敏感肌」で、お肌にかゆみを生じやすく、 刺激からも弱くなっています。

内容を見ると、なるほど!と思いませんか?

「敏感肌」ってこういう事だったんだ!

まだ第一段階です。これからいろんな事が面白いように分かってきますよ。

聞き覚えのある単語がこれから先にドンドン出てきます。

スポンサーリンク


基底層(シミの原因のメラニンが存在)

シミの原因となるメラニン顆粒を生成するメラノサイト(色素細胞)は、表皮の一番下の「基底層」に存在しています。
メラノサイトが産み出したメラニン顆粒は、同じ基底層にあるケラチノサイト(角化細胞)に取り込まれます。

よく聞くメラニンはここに登場です。シミの原因だったんですね!

表皮の一番下に存在していました。

ケラチノサイトは1日1回ほど分裂しつつ、徐々に基底層から有棘層、顆粒層そして角層へと分化していきます。

1日に1回ほど一番上の角層へまで到達していました。

シミの原因が1日で上まで行くということは…ヤバいことでは?

角層細胞へと分化したケラチノサイトが、垢となって剥がれ落ちる一連の流れがターンオーバー(お肌の生まれ変わり)と呼ばれています。 これが一定の日数で繰りかえされるのが表皮の正常な状態です。

お肌の生まれ変わりは毎日のように行われていることが分かりました。

ターンオーバーで正常な状態が保たれればなんにも問題はないのですが…

人の生活リズムで違ってくるのですが、ケラチノサイトが分裂する頻度は大体夜中の2時頃が最も活発らしいです。

表皮の下の真皮とは

表皮に比べて約10倍の2mmほどの厚さがある組織です。

表皮の構造
引用:nourish.toyobiyo

真皮は約70%のコラーゲンと、約20%のエラスチンなどの線維成分、その他ヒアルロン酸、デルマタン硫酸、フィブロネクチンなどの基質成分で構成されています。

コラーゲンは表皮の下に存在していました。

ヒアルロン酸も登場しました。

これらの各成分の説明はこちらになっています。

各成分は真皮の中にある「真皮線維芽細胞」という細胞によって作り出されます。
転んで擦りむくなどして皮膚を損傷し、真皮にまで傷が到達してしまうと線維芽細胞が増殖し、コラーゲンが過剰に産生されてしまって軽いケロイドである「瘢痕(はんこん)」が形成されます。
コラーゲンが過剰に産生された影響で皮膚が硬くなる皮膚病としては「強皮症」が知られているなど、コラーゲンの過剰な産生は皮膚にとって良いことではありません

コラーゲンは皮膚にとってあまり良いことではないということが分かりましたね。

コラーゲンは摂取するとぷりぷりのお肌とかよく聞きますよね。

コラーゲンの過剰な産生は良くなかったようです。

こんな事って聞かなきゃ分からない事ですねぇ。

次回へ続く

今回は、長くなってしまいましたので…

読むのも疲れちゃいますよね。

皮膚の構造だけで、いろんな事が分かったのではないでしょうか。

シミの原因は紫外線ということはどなたでも知っていると思います。

でも構造を知ることでより深く根底が分かっただけでも良かったですね。

後は、予防、対策はぜひ知りたいことと思いますので、順を追って作成していきたいと思いますので楽しみにしてください。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする