シミ、シワ、ソバカスの構造を知って、原因・予防・対策を練る!

人間の皮膚組織というものが理解出来ましたでしょうか。

皮膚の構造を知ることによって、若いうちから予防というものが重要だということが分かりました。

シミとはどのような場所から生まれるのか…も知ることができました。

スポンサーリンク


シミ、シワの原因究明

シミの主な原因はやはり紫外線だったんですね!

紫外線がなぜシミ、シワを引き起こしてしまうのかは以下の通りです。

太陽からの紫外線・特に中波長の紫外線「UVB」がお肌に当たることによって、 シミの元になる黒色の「メラニン顆粒」が色素細胞(メラノサイト)で大量生産されます。
大量生産されたメラニン顆粒が表皮細胞(ケラチノサイト)に受け渡され、表皮全体に分布することにより周りの皮膚より色素が濃いシミなって見えてきます。

シミ発生のメカニズム

シミは主に紫外線などの外部刺激によって発生することが明確になりました。

お肌は外部刺激を受けることによって、肌の細胞を守るための行動を起こす

以下の図がシミ発生のメカニズムとなります。

シミのメカニズム
引用:くすりの健康日本堂

メラニンを大量に生産するチロシナーゼとは

酸化酸素でチロシンを酸化させていき黒色メラニンにするということで、表面が黒ずんで見えシミとなってしまう。

ターンオーバー

ターニング
引用:sunstar

ターンオーバーとは、表皮の中で行われている新陳代謝のことです。

表皮の中では新しい細胞が日々産まれています。産まれた細胞は様々な役割を果たしながら、徐々に皮膚の表面に上がっていき、最後には角層から身体の外へと排出されます。
古くなった細胞が適度な速度で出ていき、角層の中が常に新しい健康な細胞で埋まっていることが理想のターンオーバーと言えます。

表皮は「ターンオーバー」によって角化し垢となってはげ落ちるので、 紫外線に当たらなければメラニン合成量は正常に戻ってシミは消失します。

頭に描いてみてください…表皮細胞が剥がれ落ちることです。

まさしく「お肌の生まれ変わり」ですね。

このような状態がいつまでも続けばシミは出来にくいと思いますけど……

年齢を重ねたり何らかの原因で表皮のターンオーバーが遅延すると、 正常に排出されずにメラニン色素の消失も遅れ、シミがなかなか消えなくなります

やはり年齢と共にこのような現象が起きてきてシミが根付いてしまうんですね。

30歳を過ぎたころからは、紫外線の対策が大事だってことです。

そして、紫外線を過剰に浴びた場合は大量のメラニンが生成されて、ターンオーバーの限界を超えてしまうんですね。

排出しきれなかったメラニンが蓄積され「シミ」となって残ってしまいます。

以前に皮膚科を受診したことがあるのですが、女性医師でした。

「外出する時は、ファンデーションを厚めにするといいですよ。」と言ってました。

紫外線を避けるためにはいろいろ工夫した方が良さそうですね。

スポンサーリンク


予防

美白成分

紫外線対策をどれだけ頑張ってもメラニン生成を100%防ぐのは無理らしいです。

手っ取り早い予防のスキンケアはどういうものを選ぶのか。

美白成分配合の化粧品を選ぶと良いそうで。

美白:メラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを防ぐこと。

美白成分にはメカニズムによって複数の成分が存在するため、商品によっては効き目に差が出るらしいので、「どのような働きかけがあるのか」をチェックして選ぶことが大切らしいです。

シミ、そばかすに効く成分はビタミン類?

ビタミン類が予防に効果的な成分みたいです。

特に、「メラニンを生成しろ」といった命令を実行する「チロシナーゼ」を疎外する働きをしてくれるのが次のビタミン類となっています。

ビタミンC(アスコルビン酸)

ビタミンE(トコフェロール)

ビタミンB2 (リボフラビン)

これらは、メラニンを大量に生成させないので予防に繋がります。

次のビタミン類は、今あるシミ・そばかすにも効果を発揮するそうなんです。

嬉しいですね!

・ビタミンC:ビタミンEと協力し、コラーゲンの生成・維持を行う
・ビタミンB2:お肌の新陳代謝を促進する
・ビタミンB6:皮膚の再生を促進する
・ビタミンE:ビタミンCと協力し、コラーゲンの生成・維持を行う

嬉しいですが、一つ難題が!

ビタミンC・B2・B6は水溶性のため身体に貯めておくことが出来ないので、継続して摂取することが重要らしいです。

感じた事

以上の内容を見ていくと、年を取るとなぜシミが大きくなるのかと疑問に感じていたことがよく分かりました。

若いころは海に行って過剰に焼いても黒くなった箇所は自然に元に戻って何も気にしていませんでした。

シミというのは蓄積されていることが分かり、若いころから紫外線ケアがいかに大事か……

でも、年を取ってみないと分からない事なんですよねぇ!

若い方たちもいずれ年を取ります。

その時、後悔しても遅いんです!

奇麗な肌を保ちたかったら、若い内が勝負です!!

ってことが分かりました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする