上西小百合議員 繰り返される暴言!!「くたばれレッズ!」

浦和レッズへの暴言で炎上した上西小百合衆議院議員がまた同じように「くたばれレッズ!」という暴言で投稿し、話題になっています。

どうして上西議員は蒸し返したのでしょうか!

それはまだサッカーファンの怒りが収まっていなかったことが原因なのではと思われますが?

スポンサーリンク


繰り返し暴言を浴びせる上西議員!?

7月22日に、上西議員の大阪事務所で起きたことでした。

上西議員が、TV局の密着取材を受け事務所に戻る時、浦和レッズのファン二人が待ち伏せしていたのです。

「埼玉から来た」「レッズファンなんだけど、お前なんなんだ」

と男性二人が上西議員に迫ったたらしいのですが、TVのカメラがあったのでその場は何もなかったようです。

この時は、さすがに上西議員は怖かったらしいのですが、後になってこの暴言です。

「浦和レッズ関係者がこれを黙認するのならば私にも考えがあります」と意味深につづり、続けて「くたばれレッズ!

と、またしてもツイッターに投稿したのです!

怖かった!」と言いながら強気にでています。

よほど悔しかったのでしょうか?

スポンサーリンク


浦和レッズが負けた試合とは?

浦和レッズ
引用:SoccerKING

7月15日に埼玉スタジアムでドイツとの国際親善試合が行われ、逆転負けをしてしまいました。

この負けたことに対して上西議員がSNSで浦和とサポーターへ暴言とも言える言葉を発信したのです。

最初に発した言葉は

「浦和醜い負け方。親善試合は遊びなのかな。」

上西議員はちゃんと試合を全部観戦したのでしょうか?

試合結果の記事を読む限りでは、

浦和レッズとドイツの一戦は、「予想を超えるスペクタクルな一戦となった」と書いてありました。

試合が素晴らしかったことを述べています。

これが醜い負け方なのでしょうか?

浦和レッズもベストメンバーで試合に望んでいたのです。

上西議員のこの暴言で、ベストメンバーと言われる選手たちはどう感じていたのでしょうか。

試合の最初の頃は、浦和レッズが繰り返しピンチを迎えている中での先制点でした。

埼玉スタジアムのボルテージは最高潮に達したと述べています。

これだけでも素晴らしいじゃないですか!

選手たちはみんな真剣に戦っている証拠ですよね。

決して遊びになんか見えません!

そして、浦和の1点リードで迎えた後半は、ゴール際でお互いに譲らないよりエキサイティングな攻防戦がくりひろげられたようです。

このようなエキサイティングな試合だと、サッカーファンなら興奮して当然だと思います。

そして、ドイツが同点になり、あっという間の逆転だったようです。

逆転されてしまったのですが、その後にまた浦和レッズは同点に追いつくんですよね。

そして最後には

試合はこれで終わりではなかった。88分、浦和DFのクリアミスを拾ったアンドレ シュルレが角度のない位置から左足を豪快に振り切り、勝ち越しに成功。結局これが決勝ゴールとなり、ドルトムントが3-2と浦和に勝利を収めた。

この点の取り合い、負けてはしまったのですが非常に面白い試合じゃないですか!

素人が見たって面白い試合だと思いますよ。

どこが、醜い試合なんですかねぇ。

今日の試合は素晴らしかったと思う」と、ペトロヴィッチ監督が振り返った

監督も褒めていますよね。

この様な面白い試合だったんですね。

上西議員の暴言は、サッカーファンから怒りを買うのは当たり前だと思いますよね。

そして、22日に上西議員や事務所へ押しかけた男性二人に対してのツイートが数多くありました。

こいつの任期はいつまでよ 、強制的に辞めさせられないの

いちいち抗議に行くとか上西の思うつぼだろ 、レッズが賢くスルーしてるのにアホが

中途半端なことするからバカ女が余計に調子に乗るんだよ

変な奴と思われていることはわかっていると思うんだがね
残念なのはこれでも国民の代表であること

と、他にもまだまだ沢山ツイートされていますが、こんな事が繰り返し行われています。

上西小百合議員
引用:千里眼ミケネコの芸能雑談

上西議員も国民の代表であり、いい大人なのだから(今の時点では非常に恥ずかしい事をしていると思うのですが)素晴らしい言葉で収めてもらいたいものですね!!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする